平成23年における外国人入国者数について

法務省より、平成23年の外国人入国者数に関する速報値が公表されました。

それによると、2011年における外国人入国者数は約714万人で、前年に比べ約24%の減少、このうち再入国者を除いた新規入国者数は、約545万人で、前年に比べ約31%減少したとのことです。

この減少幅はいずれも過去最大で、法務省によると、「東日本大震災の影響に加え、過去最高水準の円高となったことなども要因として考えられる」と分析しています。

○【外部リンク】平成23年における外国人入国者数及び日本人出国者数について(速報値)(法務省入国管理局)

 

この記事に関連するページ

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    コメント

    お名前 *

    ウェブサイトURL

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください