留学生の卒業後の就職活動について

日本への留学生の方が日本にある企業へ就職しようとしたものの、残念ながら在学中に就職できなかった場合、留学のビザが切れてしまうと日本にいられなくなってしまいます。

しかし大学等を卒業後、継続して日本で就職活動を進めたい場合には、在留資格を「特定活動」へ変更することにより、継続して就職活動を行うことができます。

この場合、在留期間は6か月で、1度の更新が認められます。

つまり、卒業後も最長で1年間は、日本で就職活動が行えるわけです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL